免疫Labo

【 免疫ラボ腸内細菌・FK23乳酸菌の驚くべき力〈プロテサン正規代理店〉

腸内環境を改善し、免疫力を強化する素材の専門店



Access
FK23って何?

「蜂蜜」西洋ミツバチと日本みつばち

蜂蜜ファンは多くいらっしゃいます。蜂蜜について簡単にご説明させて戴きます。一般的に生産販売されている蜂蜜は 西洋ミツバチ(改良種)で、日本では明治時代に欧米の養蜂技術を取り入れ養蜂業として全国各地で始まりました。近年で は、毎年外来種が輸入され農産物に役立てながら採蜜され、その蜂蜜が食卓にのぼるようになりました。輸入品の蜂蜜も 欧米の改良種からのものです。蜜蜂は長きにわたり農作物、果実や木の実の授粉によって世界の農業生産と森林自然の維 持に貢献しています。しかし集蜜授粉用に改善され続けてきた改良種は、危険察知力が弱く、農薬で汚染された農作物・ 果実からも花粉や蜜を集めるために徐々に免疫力も弱まり各種の伝染病やダニ被害に合いやすくなりました。これに対し、 世界各地には人類誕生以前より生息している蜂がいます。日本では古代より生息するアジア種の日本ミツバチがいます。
そして太古の昔より、四季のある日本の美しい草木や農作物の創造に寄与してきました。その巣から蜜を採ることが山間 部で行なわれてきました。自然木の洞等から巣ごと掻きだし、つぶして、優れた栄養源、病気治療に貴重な宝ものとして 大切に利用されてきました。平安時代には貴族や王族への献上品としての代表になりました。これらは、殆どが巣ごと搾った「にごり蜜」でしたが、わずかにザル等に入れ何日もかけてタラタラと蜜のみを集めた「たれ蜜」は、透明度も高くさ らっとした上品な味で、生きた酵素も含み滋養豊富で、貴重品として珍重されました。日本の草木の花々に授粉し実を結 び、鳥獣が実を各地に落とし緑を増やし、蜜をためた蜂たちの女王が子孫を残していきます。先人は、産卵用の空間をつ くるために少しだけ採蜜したのです。これにより滋養たっぷりで絶品の味と日本の甘味の起源を脈々と伝えてきました。
ただし外来の西洋ミツバチの10分の1位しか量は採れません。
日本ミツバチ 日本ミツバチ

「ミツバチを大切に!」「ミツバチを救え!」

意外にも、蜂たちが人間の食物の約70%にかかわっている最も大切な昆虫であることを認識している方は意外に少なく、 また世界で2006年ごろよりCCD(蜂群崩壊症候群)が世界中でおきていて、蜂が激減していて食料生産の危機が迫ってい ることを認識している方も多くありません。
そこで免疫力の強い野生の日本ミツバチの生態を20年以上研究し、なんとか身近で飼育することができないかと工夫を 続けてきた盛岡の藤原養蜂場の三代目藤原誠太氏は、縦型の巣を形成し、6角形の巣房の大きさが4.7~4.9㎜であることを つきとめ、ついに数年前に新巣箱の開発に成功、飼育を可能にしました。おとなしく気難しい性格は変わりませんが、自 然再生と農薬の排除と日本ミツバチの大切さを訴え、飼育の指導・普及に活躍され日本在来種みつばちの会を結成、会長 として活動されています。また蜂や昆虫の生態系が乱開発や外来生物の繁殖、農薬等で自然環境が破壊されていく日本を 憂い、特に日本各地で始まったCCDは、米国や欧州の一部で禁止や自主規制が始まっているネオニコチノイド系農薬であ ることを確信し、さらに人間への神経系の被害の可能性も予見し、禁止を訴えています。この農薬は、稲作をはじめ、皆 さんの身近な家庭菜園やガーデンの殺虫剤にも使われています。日本ミツバチは、おとなしく攻撃しなければほとんど刺しません。怖がらず駆除せず、見つけたら会への連絡をお願いします。私も賛同し会員として少しでもお役に立ちたいと 自家養蜂やレスキュー・増殖を行っています。

日本ミツバチ 日本ミツバチ

「日本在来種みつばち」の蜂蜜は「百花蜜」

野生です。飼育されるDNAはありません。保護し住み家を用意します。気にいれば住みます。産卵し易いように何回か採蜜します。四季折々の花蜜をじっくり熟成します。故に「百花蜜」といいます。沢山お分け出来ませんが自然環境改善のためのご寄付の気持ちで、最高の味を、是非お召しあがり下さい。
日本ミツバチ 日本ミツバチ

ニホンミツバチの保護をお願いします

日本在来種のニホンミツバチは攻撃性が低く、指でつついたぐらいでは刺しません。
環境破壊による蜜源の減少や、農薬による被害により、ニホンミツバチを取り巻く環境は年々悪化しており、絶滅も危惧されています。
野生に住むミツバチで、住宅やお墓などに巣を作ることがありますが、なるべく殺虫剤で殺さないようにご協力をお願いします。








日本ミツバチ

「ミツバチを救え!DVD製作プロジェクト実行委員会」
パンフレットより抜粋

このDVDは、自然生態系の破壊に猛威を振い始めた新しい農薬=ネオニコチノイド系 農薬散布後にミツバチの大量失踪が起きた現場からの緊急報告です。 ネオニコチノイド系農薬とは、タバコなどに含まれているニコチンに似た化学合成の農 薬です。昆虫の神経系に影響を与えて殺してしまう農薬です。 1990年代の初めごろから、残効性・低農薬・殺虫効果抜群という新しい農薬として使用 され始めました。同じ時期に、世界各地の養蜂家からミツバチの大量失踪が報告され始め ました。ミツバチの大量失踪の原因は、現在 ウイルス説やストレス、温暖化、ダニ、栄 養失調や生物の雌化、農薬など幾つもの原因が言われていますが、この中で、農薬使用と 失踪報告との関連性を特に重視したヨーロッパの国々では、ネオニコチノイド系農薬の使 用の一部分(種子消毒など)を禁止にした国もあります。 日本各地でもミツバチの大量失踪が報告されています。長崎県佐世保市在住の日本ミツ バチ養蜂家・久志冨士男氏、岩手県盛岡市で養蜂業を営んでいる日本ミツバチ研究家・藤 原誠太氏は、ネオニコチノイド系農薬散布後、ミツバチの大量失踪や大量死が起きている ことを報告しています。 その上、ネオニコチノイド系農薬がミツバチや昆虫だけでなく人にも被害が及んでいる という報告もあります。群馬県前橋市にある青山内科小児科医院の青山美子医師は、ネオ ニコチノイド系農薬散布直後に心臓の異常や手の振るえなどを訴える患者が年齢層をこえ て増えていることを報告しています。ネオニコチノイド系農薬は、森林の松枯れ病対策や 水稲の害虫対策だけでなく、家庭菜園の殺虫剤やシロアリ駆除、犬猫のダニや蚤よけの薬 にも含まれて、一般家庭の中でも知らないうちに使用されています。 ミツバチが大量に失踪している事に対して、農水省などは、ウイルス説、環境変化説、 ストレス説などに対する研究に対して助成していますが、ネオニコチノイド系農薬との関 連性を研究することに対しては積極的に助成をしていません。しかし、上記の地域を始め、 日本各地でネオニコチノイド系農薬が散布された直後、ミツバチや昆虫が死んでいる報告 が多数あります。そして、その死骸からネオニコチノイド系農薬が検出され、近隣住民に 健康被害が多発しているという報告が相次いでいます。 私たちは、日本各地から報告されているネオニコチノイド系農薬散布後に起きたミツバ チ大量失踪の現場や人間の健康被害の様子を訪ね、「実際に、農薬散布後、生き物たちがど のような状況になっているか」を知りたいと思い、それらを報告するDVDを製作すること に致しました。」 と記されています。是非一度ご覧戴き、ご理解ご協力お願いいたします。

*DVDご希望の方は、実行委員会
Tel/0493-74-6134
mamkr732011@yahoo.co.jp まで。

  

PageTop


Copyright 2008 Meneki-Labo. All Rights Reserved.